あがり症、口下手を克服する方法【ヒゴeショップ】 あがり症、口下手を克服する方法
3,065円

あなたは、あがり症や口下手で悩んでいませんか? あがり症、口下手を克服したいあがり症、口下手を克服したいあなたへ
 
Ads by 電脳卸

あがり症とは

あがり症とは、緊張と非常に強いつながりが、あるんだそうです。

紙一重といってもいいほど、あがり症と緊張って、近接した関係になっているんだとも、いわれています。

緊張が極度に高まってしまった状態のことを 、あがり症と呼んでも、いいんだそうです。

 

それでは、あがり症と切り離せない緊張は、良くないことなのかというと、そんなことはないんだそうです。

緊張することで、集中力が増加して、普段は出せないような能力を発揮できたりするっていうのは、よく聞く話です。

よく言われる「火事場のばか力」が、その代表的なもの。

適度な緊張は、身体的なパフォーマンスをあげてくれたり、瞬時に反応ができたりと、悪いことでは、ないっていうことに。


しかし、その緊張が極度に高まってしまうと・・・頭の中が真っ白になってしまったり、震えてしまったりして・・・

俗にいう「あがった」状態になってしまうという、そのことが、問題に。

だから、これは、本能に根差した状態とも言われるんですね。

 

動物は、極度に追い詰められると、命を守るために、一切の行動を止めてしまうといわれています。

その行動を止めてしまったような、いわば極限の状態が、「あがり症」に近いんだそうです。


でも、そのようなあがってしまった状態って、

実際のところ、ほとんどの場合は、命を守るべき状態では、ないっていうことは、ちょっと考えれば、わかることなのですが・・・

だいたいは、結婚式のスピーチであるとか、人前でプレゼンをするとか、発表をするとかのような・・・

命が危険な状態にさらされているわけではないのに、そうなってしまうということ。


よくわかるのは、観察者的な立場で、他人が人前に出て、極度の緊張状態になっているのを、見ている時には、手に取るように、よくわかるものなんですね。


でも、当の本人は、もう、頭真っ白状態なんで、それこそ、精神と体は、命を狙われている状態に瀕しているといっても過言ではない状態に、陥っしまっているという。

また、日本人の性質と言うか、海外の人達と比較してみると、真面目な性格の人達が、多いっていうことも一因になっているんだそうです。


なんとかして、結果を出そうとする、失敗したら恥ずかしい、成功したいって、気合いが入れば入るほど、 緊張しやすくなるものなんだそうです。

失敗しても、命まで、とられるわけでなし・・・って、開き直れれば、いいのですが・・・

あがり症克服

あがり症とは、実際に自分の命に危険が迫っているような状態ではないのに、そのような状態に自分がいるんだと 精神と体が勘違いしてしまっていることなんですね。

確かに、冷静に考えると、そんなに緊張する必要がないはずなのに、いたずらに緊張していたとか。

良く言われていることに、「まわりの人達は、自分のことなど、自分が思うほどは、見ていない」とか、

「自分を実際以上によく見せたいとか思わなければいいんだ」とか、言われていますが、

でも、そうは言われても、理屈では、わかるけれども・・・それが、できないから、悩んでいるわけで。


こちら⇒精神的な弱さを改善する方法

こちら⇒
あがり症克服

 

ヤフーでショッピング♪

 


© 2017 あがり症 rss